API(Application Programming Interface)

API(Application Programming Interface)とは

API(えーぴーあい)は「Application Programming Interface (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略で、OSやソフトウェアが持っている機能・データを外部のプログラム・ソフトから利用するための手続きやデータ形式などの仕様のこと。

APIを用意することで汎用的な機能として呼び出すことができ、開発者はそのAPIの手続きを元に利用すれば毎回すべてゼロから開発する必要がなくなります。

APIは、基本クラスや関数の集合体として提供されることが多く、またネット上のサービスから機能を提供してくれるAPIを「Web API」と呼び、各ネットサービスにおいて数多く提供されている。

例えばGoogleのGoogle MapやTwitterなどAPIの仕様が公開されているため、その仕様に添えば、自分のサービスやアプリの機能として一部を利用することができます。

Web APIの場合は、RESTful形式でのAPIが多く、主なデータ形式はJSONやXMLとなっています。

AWEB用語

Posted by Nesabi