ASP(Application Service Provider)

ASP(Application Service Provider)とは

ASP(読み方:えーえすぴー)はApplication Service Provider(アプリケーションサービスプロバイダ)の略。

インターネットを通してソフトウェアを顧客に提供する事業者のことを言います。

ASPという言葉には他にも「Active Server Pages」「Affiliate Service Provider」においても使われますが、ここでは「アプリケーションサービスプロバイダ」としての意味を解説します。

一般的にソフトウェアは自分のPC内にインストールして使用するが、ASPではパッケージのソフトウェアをインストールすることなく、ネットを通じて利用することができ、主にビジネス向けのサービスとして提供されている。

利用するにはASP事業者との有料契約がほとんどですが、メリットとしてソフトウェアをパッケージで購入するより安い価格でライセンスが利用できたりすることもあり、利用がなくなれば解約することで費用を抑えることもできます。

また、事業者側が管理することにより、余計な管理コストなども抑えることができます。

ネット接続の高速化により、自分のPCに入れていなくても遜色ない操作が可能になってきているので、今後もASP事業の増加が見込まれています。

AWEB用語

Posted by kuu