EC(Electronic Commerce)

EC(Electronic Commerce)とは

EC(いーしー)はElectronic Commerceの略で、「電子商取引」という意味。

「Eコマース」とも呼ばれ、インターネットなどネット上でデジタル決済による商取引のことを言います。

ECではオンライン上で販売できることから、店舗が実際になくてもネット上で取引できたり、店舗での販売と平行してネット上でも販売することで、収益を増やすことができます。

大きく3つに分けられるECのタイプ

ECには大きく3つのタイプに分けられるます。

1. B to B(Business to Business)

B to Bでは企業同士の取引のことを言います。

法人向けのビジネスで、原料やパーツの販売取引や、ビジネスで必要な商品やサービスを提供します。

2. B to C(Business to Consumer)

B to Cでは企業が消費者向けの商品を販売するというビジネスで、大手ではAmazonや楽天などはBtoCと言えるものです。

3. C to C(Consumer to Consumer)

C to Cとは、消費者同士の取引のことです。

オークションやフリマなどが主にそうで、ヤフーオークションやメルカリ、ハンドメイドの作品の売買ができるminne(ミンネ)などが代表的なサービスとなります。

この他にも企業が雇用者に向けて提供する「B to E」や企業が政府を顧客とする「B to G」、政府が消費者にサービスを提供する「G to C」などもあります。

E

Posted by Nesabi