ENJ 仮想通貨エンジンコイン(Enjin)

ENJ 仮想通貨エンジンコイン(Enjin)とは?

仮想通貨エンジンコイン(Enjin / ENJ)は2009年にシンガポールで創業のゲームコミュニティサービスを提供しているEnjin Pte. Ltd.によって発行された仮想通貨です。

エンジンコイン(ENJ)ではゲーム向けの仮想通貨で、ゲーム開発者がブロックチェーンの技術があまり詳しくなくてもゲームのアイテムなどをトークン化して、ゲームに組み込めるSDKなどを提供しています。

また、マイクロソフトとは2019年に協業し、エンジンのプラグイン「EnjinCraft」と使ってマインクラフト内で利用できるNFTなどを発行しています。

仮想通貨エンジンコイン(Enjin / ENJ)のトークン規格は「ERC-1155」

仮想通貨エンジンコイン(Enjin / ENJ)では、独自のトークン規格「ERC-1155」を利用しています。

「ERC-1155」では複数のトークンを一括管理できる「ERC-20」と唯一1つしかないトークンを作成できる「ERC-721」の規格をそれぞれ掛け合わせたような規格になっており、この規格によりNFT(Non-Fungible Token)を実現しています。

また、ERC-1155にはMelting(融解)という規格がありトークンをバーン(焼却)して、そのERC-1155にあるエンジンコイン(ENJ)を代わりに手に入れることができます。

イーサリアムのガス代高騰による取引手数料高騰を解決するための「JumpNet」と「Efinity」

現在イーサリアムは価格が高騰していますが、これに伴いNFTの取引などの手数料として必要になるガス代の高騰が問題となっています。

そこでエンジンではNFT向けの2つの新たなソリューション「JumpNet」と「Efinity」を発表しています。

ま「JumpNet」は、PoA(プルーフ・オブ・オーソリティ:proof of authority)というコンセンサスアルゴリズムを備え、管理者が信頼する参加者のみがノードとして参加できます。

JumpNetではJumpNet BridgeというEnjin Coin(ENJ)が流通するイーサリアムブロッチェーンと、JumpNetを接続する機能が搭載されています。

この接続を介してスマートコントラクトを利用することで、ENJをイーサリアムからJumpNetへ持ち込むことができるようになります。

そしてJumpNetへ持ち込むことでEnjinエコシステム内でNFTの管理やトレードがスムーズになることが期待されています。

「Efinity」は、エンジンのパブリックブロックチェーンで、クリエイターが複数のブロックチェーンに対応したトークンを発行し、他のブロックチェーンに移動できたり、別のブロックチェーンにある自身のトークンをEfinityに移動できることを目指して現在開発されています。

また、「Efinity」は次世代型NFTブロックチェーンとして1,890万ドル(約21億円)を調達し、ポルカドット(Polkadot)を使ったものになり、NFTの経済圏としてのプラットフォームとして21年内のリリースを目指しています。

ENJ 仮想通貨エンジンコイン(Enjin)の将来性

Enjin Platformは現在世界で2,000万人以上のユーザーが利用しており、NFTもゲームとの相性の良さからゲームだけでなく今後のNFT市場においても市場を広げるきっかけとなる仮想通貨として期待されており、今後の成長が期待できる仮想通貨となっています。

ENJ 仮想通貨エンジンコイン(Enjin)が買える日本の仮想通貨取引所

国内で仮想通貨エンジンコイン(Enjin / ENJ)を購入できるのは、現時点ではコインチェックとGMOコインの2箇所のみとなっています。

今後も注目を集めているため、他の国内取引所でも上場されることが期待されています。