HTML5

HTML5とは

HTML5(読み方:えいちてぃーえむえる ふぁいぶ)とは、W3Cが定義しているHTMLの第5版のことで、HTML4を大きく見直し、構造がよりシンプルとなり、現在標準仕様としてサイトの作成に利用されています。

また、映像や音声の制御やウェブアプリケーションを作りやすい構造にアップデートされています。

HTML5の特徴とHTML4との違い

HTML5では今まで外部のプラグインなどを利用しなけらば利用できなかったものがHTMLタグでも対応できるようになり、グラフィックや動画、音声などがcanvasタグ、videoタグ、audioタグによって制御が可能になりました。

文章を示すarticleタグ、ナビゲーションを意味するnavタグなど、HTML 4以前よりも論理構造を明確に表現するためのタグが追加されています。

WEBアプリケーションを作るための構造の整備

HTML5ではJavaScriptからページ内のHTML要素を参照するためのDOM(Document Object Model)の整備による動的処理などが整備されました。

特にHTML5で大きいのは、ブラウザからローカルファイルへの読み込みやデータ保存、データベース機能やGPSの位置情報の取得など、文章の表示だけでなくより実用的なWEBアプリが作りやすくなるAPIが提供されています。

HWEB用語

Posted by kuu