エヴァンゲリオンで使われたフォント2書体が「mojimo-EVA」として年額999円で利用可能に

フォントワークス株式会社が、セレクトフォントサービス「mojimo」のリリース4周年を記念して、エヴァンゲリオンにも使われたフォント2書体を「mojimo-EVA」として年額999円で利用可能になりました。

「ヴァンゲリオン」テレビシリーズと新劇場版で使われた2つのマティス書体を収録

エヴァンゲリオンで使われたフォント2書体が「mojimo-EVA」

mojimo-EVA|mojimo

「mojimo-EVA」は「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビシリーズで使用された「EVA-マティス-クラシック」と、新劇場版で使用された「EVA-マティス-スタンダード」の2書体をTrueType形式で収録し年間ライセンス費用は999円(税込)となっています。

個人ユーザーが対象の1人1ライセンスで、漫画やイラストなどでの利用は可能ですが、ゲーム・Webフォントなどでは利用不可となります。

また、フォントワークス株式会社は4周年を記念した企画として2月と3月にも新フォントパックを発売予定。

2月には「mojimo-retrofuture」をリリース予定です。