O2O (Online to Offline)

O2O (Online to Offline)とは

O2O(読み方:オートゥーオー)とは「Online to Offline」の略で、ネット上のオンラインから実際の店舗(オフライン)へ顧客を誘導し、購買行動につなげるためのマーケティング方法のことを言います。

O2Oを利用したマーケティング施策の方法

ネット上で顧客との接点を作ることで、既存の顧客だけでなく潜在的な顧客も誘導させることができるO2O施策としていくつかの施策方法があるのでご紹介します。

クーポンによる施策

実店舗で利用可能なクーポンをネット上で配布して、顧客を実店舗に誘導する方法です。

自社の公式サイトや公式アプリ、クーポンサイトなどで配布をし、O2O施策の中で多く使われている手法の1つです。

SNSサイト活用による施策

TwitterやFBサイト上において、キャンペーンの告知や顧客とのコミュニケーションを図ることで来店を図る施策で、上記のクーポンなどの施策もSNS上から展開することもある。

施策次第で、広告を打つより低いコストで実店舗への誘導を行うことも可能な施策です。

オンライン連動での施策

実店舗とECサイトで発行しているポイントを共有化したり、ネット上からリアル店舗の在庫状況などが確認できるようにする施策です。

O2Oとオムニチャネルの違い

O2Oと関連したものとして「オムニチャネル」がありますが、O2Oはネット上から実店舗に誘導させることに対して施策するのに対して、オムニチャネルは誘導が目的はなく、顧客がネット上もオフラインである実店舗でも意識せずに商品を購入できるようにすることを目的としています。

そのためクーポンなどの配布などO2Oは即効性は高いですが、オムニチャネルは利便性は高くなりますが即効性はO2Oより劣ることになります。

Offline to Onlineの施策

O2Oはオンライン上→オフラインへの誘導ですが、反対にオフライン→オンライン上となるOffline to Onlineの施策もあります。

例えば実店舗の商品にあるバーコードやQRコードから商品の説明・在庫が確認できたり、来店してそのお店のアプリをインストールするとクーポンなど特典がもらえるなど、近年はより相互を活用するための施策が行われています。