NFT(Non-Fungible Token)

NFT(Non-Fungible Token)とは?

NFT(Non-Fungible Token)とは非代替性トークンという意味で、ブロックチェーン上の識別子を保有したトークンのことを言います。

非代替性トークンという意味のとおり、代替不可能なので唯一無二の価値を持つということになり、仮想通貨と同様ブロックチェーン技術において注目されているものになります。

さらにわかりやすく言えば偽造不可な鑑定書といえるものになります。

デジタルデータが資産となるNFT

これまでデジタルデータは簡単にデータが複製できるため、希少性がないものでしたが、ゲームのデジタルアイテムやカード、デジタルデータの絵画などをNFT化することでそのデジタルデータは代替不可能なものとして価値を持つことになり、実際の絵画や芸術作品と同様にデジタルデータも資産として見られることに注目されています。

NFTの多くが採用するERC721規格

NFTの発行ではイーサリアム(ETH)の「ERC721規格」が多く採用されています。

ERCとは「Ethereum Request for Comments」の略でスマートコントラクトの規格のことをいいます。

ERCは規格ごとに番号がついていて、ERC721は個々のトークンはユニークで代替不可能という規格になっており、この規格に沿ってNFTを発行されていれば、ERC721を利用しているどのサービス上のNFTでも他でも利用できるのが多くが採用する1つの理由となっています。

NFT作品としては過去最高の75億の値がつくNFTデータも

NFTが急減に注目されるようになった要因として、大手オークションハウスのクリスティーズで、クリプトアーティスト「Beeple」がNFTを使ったデジタルアート「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」が約6930万ドル(約75億円)で落札され、NFT作品として過去最高金額の値が付きました。

また、Twitterの共同創設者でCEOのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)が自身の最初のツイートのNFTを販売し約291万ドル(約3億1500万円)で落札して話題にもなっています。

また、国内でもVRアーティストのせきぐちあいみ氏のVRアート作品「Alternate dimension 幻想絢爛」がOpenSeaで約1300万円の値段で落札されました。

また、美術家の村上隆氏がNFTマーケットプレイスの「OpenSea」でNFT作品「Murakami.Flowers」を発表するなど、今後日本人アーティストのNFT作品も多くなることが期待されています。

村上隆 NFT作品 Murakami.Flowers